スタッフ紹介

辻野隆三プロフィール

辻野 隆三
RYUSO TSUJINO

1969.2.24 生まれ
東京都出身
右利き
B型

8歳からテニスを始め、ジュニア時代は、ほとんどのタイトルを手中に収めた。
なかでも全日本ジュニアを3年連続で制した記録はいまだ破られていない。高校卒業後の1987年、プロ転向と同時に渡米し3年の修行を積み帰国。

1990年帰国後すぐに、群馬オープン、八ヶ岳オープンで優勝し一世を風靡した。同年10月のセイコースーパーテニスでは、当時世界2位のボリス・ベッカーから数々のサービスエースを奪い大熱戦を繰り広げた。敗れはしたものの、ベッカーが辻野から強烈な印象を受けたのは言うまでもない。

その後、数々の国際大会、全日本選手権、イザワクリスマスオープンなど数多くの大会で優勝。
1993年のセイコースーパーテニスにおいては、日本人で初めて予選を勝ち抜き、本戦でもパトリック・クーネンを破り二回戦に進出した。また、1994年オーストラリアオープンにおいても、松岡修造以来となる予選を勝ち抜き、本戦出場を果たしている。この2大会での実績はまだ辻野隆三と松岡修造しか成し遂げておらず、グランドスラム大会の予選を勝ち上がった男子日本人選手は、辻野を含め歴史上3人しかいない。(2007年9月現在)

また、同年の1994年に広島で行われたアジア大会では、実に銀・銅メダルを獲得するなど、日本男子テニス界で長年トッププレーヤーとして君臨。攻撃的かつ積極的なプレースタイルは日本人離れしたセンスとあいまって、海外のプレーヤーからも高い評価を受けた。

1997年からは、実業団リーグチームのひとつ、北日本物産に選手兼監督として迎え入れられ、2006年勇退までの9年間、男子・女子チーム共に3回の日本一、3回の準優勝にとチームを導く。選手としては2003年2月に現役引退を表明し、4月の札幌の試合で一線を退いた。現在はNHKのウィンブルドン解説の他、スポーツ専門局GAORA、TBSのテレビ解説、ジャパンオープンではエンタテーメントプロデューサーとしても活躍。日本テニス協会国際委員、日本プロテニス協会の理事も務める。日本男子テニス界をリードしてきた辻野、今後はテニス経営者としても業界をリードしていく。

【戦歴】

日本ランキング最高位:シングルス2位 ダブルス1位
デ杯日本代表:88年、91年~95年
  出場大会 シングルス ダブルス
1985 全国日本ジュニア(18歳以下) 優 勝  
1986 全国日本ジュニア(18歳以下) 優 勝  
1987 全国日本ジュニア(18歳以下) 優 勝  
1990 ロイアルSCオープン ベスト4  
群馬オープン 優 勝  
八ヶ岳カッププロテニス 優 勝 優 勝
セイコースーパーテニス ベスト32 ベスト16
1991 全日本テニス選手権 ベスト8 準優勝
クリスマスオープン 準優勝 準優勝
1992 全日本室内テニス選手権   優 勝
全日本テニス選手権 準優勝  
ジャパンサーキット第1週 優 勝  
ジャパンサーキット第2週 準優勝  
ジャパンサーキットマスターズ 優 勝  
クリスマスオープン 優 勝 優 勝
1993 ジャパンオープン ベスト64  
NST杯プロテニストーナメント 優 勝 優 勝
ダンロップマスターズ ベスト16 ベスト8
セイコースーパーテニス ベスト32  
全日本テニス選手権 準優勝 準優勝
1994 クリスマスオープン 優 勝  
全日本室内テニス選手権 準優勝  
オーストラリアオープン出場    
アジア大会出場 銀・銅メダル獲得  
1996 全日本ローン選手権 優 勝 優 勝
クリスマスオープン 優 勝 優 勝
1998 全日本テニス選手権   優 勝

優秀なスタッフ陣

【コーチ】阿波根 祐二(あはごん ゆうじ)

誕生日:5月4日/星座:おうし座/血液型:A型/出身地:沖縄県
インターハイ3年連続出場・インカレ出場。 アジアジュニア選手権ダブルスベスト16。卒業後、大手インドアテニススクールなどで腕を磨き、地元沖縄では全日本チャンピオンの強化コーチも務める。その手腕を買われMIRAIのスタッフとして活躍中。

【コーチ】小林 祐樹(こばやし ゆうき)

誕生日:11月30日/星座:いて座/血液型:B型/出身地:神奈川県
日本プロテニス協会認定 プロフェッショナル3。
皆さんの力になれるよう、自分自身も日々精進します!一緒に頑張っていきましょう!宜しくお願いします。

ミライテニスアカデミーでテニスのある生活を始めてみませんか?

体験レッスン申し込み

ページの先頭へ戻る